簡単な私の風邪の予防方法を紹介します

寒くなったりすると体が冷えて風邪をひいたり、人混みに行くと風邪のウィルスで風邪をひいたり風邪のひき方は人それぞれだと思いますが、私が普段風邪をひく時の状況は毎回決まっていて、部屋が乾燥していて喉が乾燥していると思った時に正しい対処をしないと必ず風邪をひきます。ですから私の場合は部屋が乾燥して来た時に部屋に濡れた洗濯物を干して、簡単に部屋を保湿すれば風邪を防げるのかも知れないのでそんな工夫をしています。

また外出の時に外出先が乾燥状態なら飲み物で喉を潤せば風邪は防げる可能性があるのです。結局喉が乾燥したら部屋の保湿と水分を充分取って喉を潤せば簡単な風邪対策になります。またそれにプラスして、薬局の薬コーナーで販売されているのど飴を舐めてマスクをすると私の場合は風邪のひきそうな時にひくのを防ぐ事ができます。そしてそれに更にプラスして、風邪をひきそうだと思った時は薬局で売っている栄養ドリンクを飲んで温かい物を食べて早めに暖かくして寝ます。簡単で単純な当たり前の様な方法をしているお陰で私は最近風邪をひかなくなったのです。

ですが、この風邪対策だけが風邪をひかなくさせたのでは無いかも知れないのです。それは私は普段から毎日料理に生姜を入れて食べていますし、寒い時期は温かい物以外は口にしませんし、毎日必ず体を温める機能の長袖と長ズボンのインナーを着て体全体を温めています。それから毎日決まった距離をゆっくりランニングしていて体全体の血行を良くしていますし、汗と一緒に体の悪い菌なども出していると思います。

a0055_000916また当たり前ですが、毎日うがいや歯磨きやお風呂に必ず入っているので外出の時に付いた菌を洗い流しているのです。また食事は私の場合は自分で作った無農薬野菜のサラダを毎日食べていますし、肉は脂肪の少ないササミ肉を摂取する事が多いですし、果物やサツマイモでビタミンも毎日摂取しています。もしかしたらそんな食生活も風邪予防になっているかもしれないです。結局人それぞれ体質も考え方も違うので、自分に合った風邪予防をして風邪をひかないで毎日元気に過ごせる様に工夫するのが大切だと思います。

残り物もアレンジして、マイ弁当に。

今日は1日家事に追われそう、また、昨日の夕食の残り物がある、などといった場合、朝早い時間にマイ弁当を作っておくことがあります。
雨続きで久しぶりの晴れ間が広がるなんていう日は、通常の洗濯物からリネン類、マットなど、できるだけ洗濯機にかけて干してお日様の光に当てたいと思いいますし、布団も干してふんわりとさせたいと思います。
また、夕食の残り物は時間が経つと味が染みて濃くなっていたり、時間が経っていることで、本来のおいしさとはちょっと違っていたりするものもあるので、そういったものは冷や飯と一緒に炒めてチャーハン風にしたり、卵と混ぜて出し巻き卵にしたり、煮込んで豆乳やトマト缶などでスープにしたり、アレンジしてしまいます。

ついでに賞味期限が近いものも取り出して使うようにしてしまうので、冷蔵庫内の整理整頓にも、お弁当づくりは効果的です。
お弁当箱はやや深めのタイプなので大きめのおかずもはみ出すこともなく、ごはんもたっぷりつめることができるので、気に入ってずっと使っています。
また、おかずをつめるときは、仕切りのアルミを多用するのはもったないので最小限に留め、葉物野菜などで代用します。

おかずの色どりは、一応緑・赤・黄色など、いろいろな色味を混ぜるようにして、栄養バランスも整うようにしています。
最近良くつくるのが、のり弁で、小さめの魚が残っていたらささっと焼いておき、のりの上にどーんと乗せておくと、見た目にボリューミーになり、男子高校生のお弁当のような雰囲気になるので、それも楽しんだりしています。
ちなみにスープはスープジャーに入れておくと温かいものは温かく、冷たいものはひんやりとキープしてくれるので、スープジャーは便利なグッズだと思います。

バゲット、ベーグル、そしてフルーツサンド

パンはそのままのプレーンタイプも好きなのですが、チーズが入っていたり、揚げてあったり、何かしらアレンジされた調理がほどこされているものの方が食べやすいと感じます。
ただ、バゲットは薄くスライスしてバターを薄く塗り、表面をカリッと焼くのも、香ばしく、バターのかぐわしい香りもおいしさのひとつだと感じます。
バゲットは1本購入して、スライスして冷凍しておくと日持ちするので便利なので、ストックしておくようにしています。
とっても固くなってしまった場合には、温かいスープにちょこっとつけると、パンが柔らかくなるのでとても食べやすくなります。

先日カフェで食べておいしい、と思ったのは、ベーグルにクリームチーズとスモークサーモンなどを組み合わせたもので、モチモチのベーグルに濃厚でクリーミーなクリームチーズの酸味とスモークサーモンのしっとりした食感がとてもマッチしており、食べ応えもあって大満足のランチでした。
ベーグルは食べやすいパンなので、朝食やおやつなど、いろいろな料理のシーンで食べられるものだと感じます。

また、サンドウィッチでは、フルーツとマスカルポーネクリームや砂糖などの材料でつくる、フルーツサンドも甘さや酸味など、いろいろなテイストを同時に楽しめるメニューだと思います。
食パンは細長くカットすると、イチゴやキウイなどの断面がきれいに映るので、子供達も喜んで食べてくれるため、誕生日会などパーティにもぴったりのメニューです。
フルーツはあまり好きではない、という子でもクリームと混ぜると食べてくれることが多いので、子供達が多い場合には、なるべく食べやすいよう材料の配合を変えたり、できるだけ甘味のあるフルーツを選ぶようにしています。